老化の原因を撃て!アンチエイジングのサプリ

進行を緩やかにする

身体が糖化することによって、どのような症状が表れるのでしょうか。タンパク質が糖化することによって、お肌にも悪影響を及ぼします。お肌のハリや潤いをもたらしているコラーゲンは、タンパク質で出来ています。その為、糖化によってコラーゲンが固くなってしまい、お肌がしなやかさを失ってしまいます。お肌を支えていたコラーゲンが硬化すると、支えを失ったお肌が垂れ下がってしまい老けた印象をもたれてしまいます。また、糖化タンパク質の色は褐色になっています。お肌に糖化タンパク質が増えると、透明感を失いくすんだお肌になってしまいます。抗糖化に取り組むことで、年齢よりも若く見られるお肌を作り出すことが出来ます。

また、糖化によって脳へも悪影響を及ぼします。糖化によって動脈が硬化してしまいます。動脈が硬くなると、血液を送り出す効率が悪くなってしまいます。脳の動脈が硬くなることで、酸素と栄養を脳細胞に供給できなくなってしまいます。それによって、脳の神経細胞による伝達機能が低下してしまいます。それが原因で、認知の機能が低下する脳血管性認知症を引き起こしてしまいます。その他にも、糖化によって髪の毛が抜けやすくなり、髪のハリやツヤが失われます。骨粗しょう症を引き起こし骨をもろくするというデメリットもあります。糖尿病という命に関わる病気を引き起こし、性機能を低下させることも確認されています。抗糖化に取り組まなければこのような症状を引き起こします。抗糖化によって、これらのデメリットを防ぐ事ができます。日々の生活に抗糖化を取り入れ健康で美しい毎日を送りましょう。