老化の原因を撃て!アンチエイジングのサプリ

老化を食い止める

抗糖化に必要なことは、血糖値の急上昇を防ぐということです。抗糖化に必要なこととして代表的なのが、甘いものを控えるというものです。空腹時に甘いものを摂取すると、血糖値が急激に上昇します。これによって、脳がどんどん甘いモノを欲するシュガーハイという状態になります。脳がシュガーハイになると、甘いものに依存する中毒症状が見られるようになります。甘いモノを控えて、甘味中毒にならないように心がけましょう。

低GIの食材を摂取することで血糖値の上昇を抑える事ができます。低GIとは、GIが低い食品のことを言います。GIとはグリセミックインデックスの略で、食事を摂取した際の血糖値上昇を数値化したものです。ご飯を食べて摂取できるブドウ糖が基準となり、100とされています。GIが低い食品を摂取することは抗糖化になります。穀物などを生成して作られたものはGIが高い傾向にあります。白米、小麦粉、白砂糖などはGIが高いことで知られています。白米などは日本人の食卓には欠かせないものですが、玄米や麦飯などを混ぜることでGI値を下げる事ができます。甘いモノが欲しくなった場合は生成されていない黒砂糖などを摂取するとよいでしょう。黒砂糖はミネラルも豊富ですので健康によいです。GIの高い食事を摂取した際は、食後すぐに軽いウォーキングを行うとよいでしょう。10分前後の軽いウォーキングで血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ます。低GIの食事と、食後の運動が最も手軽にできる抗糖化です。